収納も考えての間取

我が家は、注文住宅で家を建てることになりました。

家作りの知識がない私だったので、工務店の方との打ち合わせの際には、決めることが多くあることに驚き、家を建てるためにはこんなにも考えておくべき事があるのかと思いました。

その中で、家を建てるときに考えておいた方が良いと思うのが、収納の事についてです。

私は、ずっと実家暮らしだったので、実家の収納に合わせて物を購入したり片付けをしたりしていました。

ですが、工務店の担当者から、「棚の高さはどうしましょうか?」と聞かれて驚きました。

そんなところまで自分達で決めることになるのかと思いました。

間取や、壁紙などは自分達で決めるものだと思っていたのですが、収納の詳細についてまで決めることになるとは思っていませんでした。

食品を収納するパントリーに関しては、棚の高さは決められないため、可動式の棚にしてもらい、収納する物に合わせて変更できる高さにすることになりました。

その他のリビングや洋室の収納は、リビングは掃除機を立てたまま収納できるように下の棚を少し高めに設定してもらいました。

このお陰で、毎日使用する掃除機をうまく収納できて、他の物をしっかりと収納できるため助かっています。

このように、住んでみる前から、どこに何を収納するのか、どのくらいの物を収納するのかを決めるのは難しいことですが、あらかじめ考えておくことで、実際に住み始めてからの快適さが全く違ってきます。

収納場所がたくさんあっても、使い心地が悪ければ収納がうまくできずに場所が勿体なくなってしまいます。

無駄無く、有効的に収納庫を使用するためには、収納する場所までしっかりと考えることで、家の中が綺麗にスッキリとした部屋作りをすることができます。

収納は、子どもが産まれると、低い部分に置いておくと危険なものをどんどんと上に上げていくことになります。

なので、取りやすさばかりを考えた収納だけではなく、上にもたくさん物が置けるようにしておくと、便利なところもあります。