食洗機のメリット・デメリット

システムキッチンには、食洗機がついているものとついていないものがあります。あると便利なような気がしますが、食洗機を設置する分、収納スペースが減ってしまいます。

食洗機にはメリットとデメリットがあるので、それらを考慮しながら設置の有無を考えてみてください。

●食洗機のメリット

・全自動で食器洗いが終わる

洗剤を使って手で洗って、水を使ってすすいで、布巾で拭く、ここまでの工程をすべて全自動で行ってくれます。

使用する食器の量が少なければ、手で洗ったりすることにさほど苦労を感じないかもしれませんが、食器が多ければ洗い家庭では洗いものに苦労をしていることでしょう。食洗機があれば、その苦労を軽減してくれます。そして、今まで食器洗いに使っていた時間を他のことに当てることができます。

・手荒れの防止

手の皮膚がひび割れて水仕事の際にしみてつらい思いをしている方はいると思います。特に冬場は手荒をしやすく、食器洗いをつらく感じることでしょう。

手荒をしてしまうのは主に洗剤の影響です。食洗機を使えば直接洗剤が手に触れることがないので、手荒の防止になります。

・水道代の節約

使い方にもよりますが、手で洗うよりも食洗機を使った方が水道代を節約できます。

少ない量の食器を毎回食洗機で洗っていると水道代がかさんでしまいがちなので、まとめて洗うことが水道代節約のポイントです。

●食洗機のデメリット

・使える食器が限られている

陶器・磁器・ガラスの食器のほとんどは食洗機を使用できます。これらの素材を使用しているものでも食洗機を使えないものがあるので、食器の表示を確認してください。

食洗機内部では、高圧の水流が食器にあたり、乾燥工程では温度が上昇をします。食器によっては破損や劣化の恐れがあるので、傷つけたくない食器は手洗いした方がよいかもしれません。

木製の食器は使用できないものが多くあります。また、徳利のような細長い形状のものは食洗機では内部を十分に洗えません。

メリットやデメリットを考慮して、システムキッチンを選んでみてください。

カテゴリー: 未分類