無垢材のお手入れ方法を知っておこう

無垢材を使うことで、自然のぬくもりを感じられる、調湿作用によって室内の湿度が調整される、シックハウス症候群の原因物質を含まないので安心できる、といったメリットを得ることができます。

しかし、無垢材は傷つきやすく汚れが浸み込みやすいため、お手入れに注意が必要です。

無垢材を使った家を考えている方は、お手入れ方法も知ったうえで検討してみてください。

日々のお手入れには掃除機がけを行います。フローリングワイパーを使うなら、ドライタイプのシートを使用してください。ウェットタイプは洗剤成分が使用されていて、無垢材を傷めてしまう恐れがあります。

ウェットタイプのシートは砂埃や汗などの汚れを取るのに便利ですが、それを使えないので、汚れが気になるときには固く絞った雑巾で拭き掃除をします。水拭きなら洗剤による無垢材の傷みの心配がありません。水気が多いと無垢材に水分が吸収されて傷みの原因になるので、雑巾は固く絞ります。

汚れが取れにくい場合は、中性洗剤を溶かした水に雑巾を浸し、よく絞ったので拭き掃除をします。無垢材は水気に弱いので、しっかり雑巾を絞るように気を付けることが重要です。

飲み物など水分を含むものをこぼしてしまったときには、すぐに拭き取りをします。

無垢材のフローリングには、自然塗料またはウレタン塗料が使用されています。自然塗料の場合は塗料を無垢材に浸透させ、ウレタン塗料の場合は表面をコーティングします。自然塗料は表面をコーティングしていないため、ウレタン塗料よりも水気が浸透しやすい性質があります。どのような塗料であっても水気には弱いので、長く良い状態を保つためには水はすぐに拭き取るようにすることがポイントです。

お手入れが難しいイメージがあるかもしれませんが、水気にさえ気をつければ難しいことはなく、合板フローリングのように掃除機がけやフロアモップでドライシートを使った掃除ができます。

自然のぬくもりを感じられる無垢材を住宅に取り入れてみてはどうでしょうか。

カテゴリー: 未分類