一戸建ての付属工事は慎重に検討しよう!

一戸建てを購入したいなぁと考えていたので、週末や連休など利用して住宅展示会場へ家族で出かけて、様々な新築物件を見学していました。住宅メーカーによって造りも大きく違い、家の中にはいると木の香りがする住まいやモルタル使用など、色々種類があります。そして洋風の物件から和風重視の住まいなど、実際に見学してみるとマイホーム購入時に重視すべき部分が色々とわかるようになりました。なので、一戸建てを購入するなら新築の建売物件を購入するより注文住宅にした方が良いなぁと思うようになったので、注文住宅について詳しく住宅メーカーの方へ相談してみました。おおよその目安があるので、その金額で家を建てることができるけど、色々とオプションを追加することで自分好みのマイホームに建てることができるのを知り、これだったら理想的なマイホームを建設することができるかもしれないなぁと思い、家族で話し合いながら色々とマイホームについて相談して決めました。子供部屋・寝室・リビング・キッチンなど、色々と重視したい部分を家族で話しながら決めて、かなり素敵な雰囲気のマイホームに仕上げることができました。室内のこだわりがあったので、子供部屋は2階で日当たりがよく、けっこう日差しが強いので塗料も高めを使用して熱対策するようなボードを使用するなど、色々と工夫してマイホームを造りました。そしてリビングは無垢のフローリングして木の香りを重視するなど、色々とマイホーム造りには工夫をしたことで、快適な住まいになりましたが費用が想定していた金額よりはるかに高額になったので、住宅ローンを組む際には高額になってしまい、けっこう毎月の返済が負担になったので困りました。どうやって返済していけばよいのか、その辺もかなり悩みましたし、一戸建ての付属工事をプラスしていくと気づいた時には、かなりの高額になっているので返済が厳しい状況になるため気をつけるべきです。

カテゴリー: 未分類