太陽光発電を導入するメリット

環境問題が深刻化しつつあり、再生可能エネルギーが注目されています。自宅でできることが太陽光発電の利用です。太陽光発電には、いくつものメリットがあります。

●作った電気を自宅で使える

太陽が出ている間は電気を作りだすことができ、作った電気は自宅で使用できます。自宅で作った電気を自宅で使っていれば、電力会社から電気を購入する必要がなくなり、電気代の節約になります。

これまでの太陽光発電は、太陽が出ておらず発電できない夜間は電力会社から電気を購入して使用していましたが、蓄電池が登場したことで電気をためられるようになり、夜間でも発電した電気を使えるようになりました。

蓄電池には、部屋に置いておける小型のものから、窓の外に置いておく大型のものまであります。大きなものほどためられる電機の量が多くなります。

●停電時に電気が使える

災害などによって停電になってしまったときでも、非常用電源として使用できます。

停電時の使用電気量は1500Wが上限ですが、このW数でもテレビ、電気ポット、炊飯器、携帯電話の充電を行うことができます。電気を多く使用するドライヤー、エアコン、オーブンレンジなどの使用は無理でも、災害時に最低限必要な電力は確保できます。

ただし、天気や時間帯によって発電できる量が左右される点には注意をしてください。

●地球環境に貢献できる

化石燃料を使った発電とは違い、太陽光発電は二酸化炭素を排泄しないクリーンなエネルギーです。そして、太陽が出ていれば発電することができ、発電のための資源が枯渇することがありません。

4kWシステムで1年間発電をすると、火力発電で使用する石油を約908L削減できるといわれています。これは2Lペットボトル約450本分です。

太陽光発電をとり入れることで、地球環境を保護することに貢献できるのです。

このように太陽光発電には、いくつものメリットがあります。これから家を建てるとき、太陽光発電の導入を考えてみてはどうでしょうか。