注文住宅で付帯工事やその費用

注文住宅の場合には、トータルでいくらかかるのか、業者がおおまかな数字を出してくるかもしれませんが、それは参考程度にしておいた方が良いでしょう。というのはその後変更や、こちらの要望どおりにして欲しいというリクエストをすると、その分どんどん加算されていくケースが多いからです。それに業者が出す金額は、本体の工事のみで、付帯工事費が含まれていないことがほとんどです。この付帯工事は、おそらくほとんどの人がやらなければならないもので、総費用の約20-30%くらいを占めると言われていますので、けっこうな金額になります。これも計算しておかなければなりません。

その付帯工事ですが、屋外での給排水工事があります。つまり屋外から建物までの配管ということになります。本管から引き込み、また家の排水のために管をつなぐための費用です。電気工事も同じであり、やはり電気を屋外から引き込まないといけないのですが、この工事費は別途請求されることになるでしょう。そしてガスに関しても同様です。

こうしたライフライン関係の工事以外に、造園や庭、駐車場といった外構工事費用、これも付帯工事になっているところがほとんどです。注文住宅では、家の建物の設計や資材選び、デザインなどに多くの時間を割くのが普通で、多くの場合外構関係は最後になることが多いです。最悪、家が完成してから引き渡しをして、そのあとでも良いという感覚になることもあります。もちろんそれでも問題はありませんが、駐車場や花壇、フェンスなどがないと、全体としての家の景観また外から家の中が丸見え、そんなことになりかねません。外構工事にかかる費用はけっこうなもので、駐車場にカーポートをつければ、それだけでもそれなりの金額になってしまいます。

それで様々な諸費用がかかるのが注文住宅であり、それも計算しつつ予算を立てる必要が生じます。付帯の工事とはいえ、どれも重要なものばかりなのです。

カテゴリー: 未分類